英語を話すコツを考える

英会話上達のヒントを考察するブログ

英語を話したくて動詞 [get] にフォーカスし続けたら、ある幻想を抱いたというお話し

f:id:colombiacolom:20170611041013j:plain

私は、1,英語の文は1つだと考えるようになる(英語の基本文を利用する)。=>2,英語の文を作成する肝は、動詞だと気がつく。=>3,沢山の動詞を覚えるより、1つの動詞の変化で数多くの表現を覚える方が楽かもという思考の流れを経てきたことで、動詞 [get] に注目するようになりました。

そうやって [get] にフォーカスし続けたある時、ひとつの幻想を抱きました。今回は、大量の [get] の表現を集中してインプットしていくことの効果と、幻想が何をもたらしたのかについて説明します。


大量の [get] 表現を覚えると何が得られるのか?

私はバックパッカーとして旅をしてコロンビアに行きつくまでの長い間、英語を誰かに教えてもらおうと考えていたので、なかなか英語が上達するはずもなく、英語に対していつもモヤモヤとイライラが混じり合ったような感覚を抱いていました。

そこからある気づきがあり、ガムシャラに英単語ばかり頭に入れたことで、少しだけ英会話上達への希望を見いだすことができました。その気づきは、最初は英単語を大量に詰め込む必要があるということと、実戦練習以外は全て自分一人でできるということでした。

詳しく知りたい方は、こちらを読んでください。

www.colombiacolom.net

多量の英単語を短期間で集中して覚えたことは、私の英会話が上達しないことへの苛立ちを拭い去る重要な役割をはたしてくれたのですが、そのことが英語を話す時の精神的な拠り所になったのかというと、それはちょっと違うと考えています。


何があなたの英語を支えていくのか?

英単語を数多くインプットしていくことは、英語上達には絶対に欠かせません。ただそれは木で例えると根や幹ではなく、枝や葉の部分だと思うのです。

やはり英語を話すためには、軸となるものが必要です。

私の英語を支える根になっているものが何かというと、それは英語の基本文です。

基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは、状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

英語の基本文について詳しく知りたい方は、こちらを読んでください。

この英語を支える根は基本文という部分をもう少し正確に言えば、英語の文は1つと考えて、常に基本文を利用して英文を作成する発想が根の部分になっているということです。

英語を勉強すると、最初の所で英語には5つの文型があると文法の本には書いてあります。その最初に出てくる5つの文型(5文型)を念頭において英語を話そうとすると、なかなか英文を作成できないはずです。

私は [ここは第何文型だから~] という発想で英語を話した事は1度もありません。(きっと英語を話す人はそんなこと考えていないはずです)

英語を話す時に5つの文型について考えることは一切なく、簡単な形(基本文)の中に英単語を当てはめていくという単純な発想で英文を作成していきます

5文型を否定しているわけではありません。それはあくまで後で英文を理解するために利用するものなのだと思います。

詳しくは、こちらに書いてあるのでどうぞ。

もちろんあなたの英語の根となるものが基本文である必要はありませんが、英文を簡素化して考える発想はあなたの英語を下支えしてくれるはずです。

あなたの英語を支える幹となるものとは?

では、あなたの英語を支える幹となるものが何かというと、それは重要度の高い動詞群です。代表的なものは [get, give, be, have, take, make, do, put] 等です。これらの動詞の特徴は、前置詞や副詞等と結びついて表現できる幅を拡げていきます。(そういった特徴があるから重要度が高いと言えます)

あなたが英文を作成する時に最初に決めるべきなのは、絶対に動詞です。動詞を決めることが英文作成の最初の一歩となります。主語を拡張しない [I, You, He, She, We, They, It, 名詞, 動名詞など] の簡単なものにする場合、動詞を何にするかを決定することで英文の作成が開始されます。

詳しくはこちらを読んでください。

その中で私が注目したのが、動詞 [get] です。

[get] の表現には以下のような利点があります。

  • -非常に幅広い意味を持つ
  • -日常で使える利便性を持つ

動詞 [get, get+α] で表現できることの意味は幅が広く、日常的に使えるものが多いです。それをアウトプットしやすいように分類わけしておくと効果的です。

  • 1-[~を得る/獲得する/ゲットする] という意味に集約できるもの
  • 2-[get + α] の中で、意味が +α からイメージしやすいもの
  • 3-[~(の状態)になる] という意味に集約できるもの
  • 4-[~される] という意味に集約できるもの

[get] の多くの表現と分類わけ等についてまとめたものは、こちらにあるのでどうぞ。

その2つの利点に魅せられて [get] の表現ばかり勉強と練習を積み重ねていったある時、

 

=>>『 もしかして [get] を使いこなせれば、それだけで英語は話せるんじゃない? 』という幻想を私は抱きました。

 

まあこれは勘違いというか、完全に間違いです。(英語を話すためにはもっと沢山の動詞を覚える必要があります) でも、こうすれば英語が話せるようになるという筋道が見えていなかった私にとって、それは大きく正しい道に見えたのです

(ちなみに前2回の中でお勧めした [get] の表現を数えてみたら、1が23個、2が49個、3が28個、4が9個の計109個ありました。しかも実際はもっとあります)


その幻想は何をもたらしたのか?

[get] の表現を使いこなせればそれだけで英語は話せるんじゃない?という幻想は、私をより [get] に執着させ、私の中の [get] の表現をより強固にする原動力となりました。

勘違いや間違いであれ、自身をのめり込ませてくれるものは、上達へのきっかけを生み出す反力/反発力を秘めているのではないでしょうか。(良い意味でのものに限りますが)

その反発力が持った [get] への執着が、安定性を欠いていた私の英語の中に明確な1つの軸(幹となるもの)を形成する重要な動力となったと言えます。 

f:id:colombiacolom:20170611041050j:plain

そういった強固な軸が1つでも形成されると、以前より格段に記憶を引き出しやすくなります。理由は、[get] によって形成された軸が記憶を引き出す時の重要なフックになるからと考えています。英語に限らず、第二言語を学ぶ過程で重要になるのは、インプットしたものをどうやって引き出すかにあります。記憶を引き出す時に重要な役割を担うのは、あなたの英語の軸となりあなたの記憶を引き出すとっかかりを作れるものです。

[get] は私にとっての最初の重要な [記憶を引き出すフック] になったということです。とっかかりとなるものが存在することで、そこから記憶をたどって当てはめられるものを探しやすくなります。沢山の動詞が混在したまま頭の中にある状態と、1つの強力な動詞が軸を形成している状態を思い浮かべてください。沢山の動詞が混在した中から使いたい動詞を引き出すのと、1つの強固な動詞の中から使いたい動詞を引き出すのではいったいどちらが効率よくアウトプットできるのかを。

それは今でも十分有効で、-[まぁ、基本文に、何かしらの英単語を当てはめれば何とかなるでしょ] という発想の他に、-[最悪、{get} の表現で何とかしよう] という単純な発想が私の英語の基盤となっています。それぐらい [get] で表現できるものは幅広く、信頼に耐えうるものだということです。

私が見た幻想は勘違い/間違いでしたが、私は今でもそういう幻想を抱かせてくれた動詞 [get] に感謝しています。なぜなら幻想を抱き [get] の表現を覚えることへフォーカスしたことが、私の英会話能力を飛躍させたと断言できるからです。

もちろん私のように、動詞 [get] の表現を覚えることに執着したからといって、皆さんがそこに同じような幻想を抱くことはないかもしれません。ただもし、あなたが英語を話したいけど話せない状態に悩んでいるのであれば、1度 [get] の表現を集中して覚え練習を繰り返してみてはどうでしょう?[get] の表現を大量に覚え使えるように練習していくことで、英語への恐れを小さくしていけるはずです。