読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語を話すコツを考える

英会話上達のヒントを考察するブログ

英語を話すときは英語で考えろを実践したら猛烈に頭にきて、対策を考えたというお話し。

f:id:colombiacolom:20170503053719j:plain

[英語を話すときは、英語で考えろ] この言葉は、英語を話すのに必要なこととして、英会話上達の本などで取り上げられることが非常に多いフレーズです。
皆さんも、一度くらいは、このフレーズを見たり聞いたりしたことがあるのではないかと思います。今回は、この言葉に焦点を当てて、目指すべき道はどこなのかを考察し、そこから英会話上達へのヒントを探ります。


英語を話すには英語で考えるべきなのか?

英語の本などで、沢山の英語熟練者が、英語を話すときは英語で考えるべきだと言っています。それ見て実践した人の割合はどのくらいになるのでしょう?英語がなかなか話せるようにならず悩んでいる方は、一度くらいは挑戦したことがあるのでしょうか?

私は、英語が話せず苦しんでいた頃、英語学習の過程で何度もそれを実行してみました。


実際に、それを実行してみたらどうなったのか?

私が、それを実行した結果の気持ちの変遷は以下の通りです。

=>[そうか~、英語を話すときは、英語で考えるのか~、やってみよう]
=>[英語で考えるんだよな。う~ん、難しいな~]
=>[うーん、ホントに、みんな英語で考えてんのかな~?]

=>[あーちきしょー。全くできんぞー!]

=>[んーむ...残念ながら俺にはできないような...]
=>[というより、何かが違うんじゃないか(むむむむー)...]

 

なかなか英語が話せるようにならなかった私は、英語学習の過程で模索しながら [英語を話す時は、英語で考える] ということを何度も試みました。どうすれば英語を話せるようになるのか皆目見当もつかなかったので、手探りの中、少しでも良いと思われるものは実践したつもりです。
 
[英語を話す時は、英語で考える] を実行して最終的に私が抱いた感情は、
-「そんなこと本当にできるの?
-「それって無茶ぶりなんじゃない?」というものでした。

そして今現在いきついた私の結論は、気軽に英語を利用できる環境が周りにないと、それを行うこと自体が難しいというものです。

もちろん絶対にそれが行えないと言いたいわけではなくて、整った環境がないと、それを実行/実践することは、なかなかに難しいのではないかということです。


なぜ多くの英語熟練者が、英語を話す時は英語で考えろと言うのか?

考えられる理由は二つあります。

一つ目は、彼等/彼女等(英語で考えろと言う人)の多くは、帰国子女、英語圏に留学していた、英語圏で仕事をしていた人達だからです。
 
彼/彼女等が容易に英語を身に付けたとは思いませんが、普通の人に比べれば、周りに英語を気軽に利用できる環境があった人という事ができます。
 
これは、彼等は絶対的な特権階級に属していた人達ということができます。

周りに英語を気軽に利用できる環境がある人と、周りに英語を気軽に利用できる環境がない中で英語を勉強している人の感覚には大きな違いがあります。彼等には、勉強したものをすぐに実践で試し、間違っていれば訂正し再トライできる環境がありますが、日本で生活してそういった環境を持っている人はほとんどいません。そこに大きな違いがある以上、同じようにはできないと考える方が妥当でしょう。

f:id:colombiacolom:20170504033751j:plain

二つ目の理由は、あまり深く考えているわけではなく、ただ単純に現在自身がそういう形で英語を話しているので、軽いアドバイスとしてそう言っている

ぜひ聞いてみたいのが、そういう発言をしている特権的な環境を持っていた人達は、もし自身が英語を学ぶ段階で、周りに気軽に英語を使える状況がなかったとしても同じアドバイスを自分にするのかと

では、私はどうやってそれを克服したのでしょう?

私は、[英語を話すときは、英語で考える] を英語学習の過程で実行し何度も挫折したので、その考えを捨てて、日本語を英語を話すためにどうやって活かすかを考えてきました。

私が行ってきたことの中心となるのは、以下の2つです。

  • 1- [日本語の感覚を活かす] ことと、
  • 2- [英文を小さく考える] ことです。

我々が、長い年月をかけて身につけてきた言語(日本語)の感覚を、新しい言語学習時に活用しないのは、非常にもったいないことだと思います。確かに、日本語と英語という二つの言語の間には、非常に大きな違いがあるので、日本語の感覚の全て活用して英語を話すのは難しいと言えます。

英語と日本語の違いは、こちらに書いてあるのでどうぞ。

www.colombiacolom.net

でも、大きく異なる言語間の間にも、活用できる部分は存在しています。それを活用することで英語を身につける労力を軽減できるはずです。そこで重要なことは、日本語のルールに英語を載せていくのではなく、あくまでも英語のルールの上に、日本語の感覚を載せていくということです。


難しく考える必要はありません。英文は基本文で構成されています

基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは、状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

 

この英文構成の流れは絶対なので、その流れに沿って英単語を当てはめられるように、日本語を考える時は、日本語を英文の流れで頭に思い浮かべるようにするのです。

例えば、 I  ate  sushi  with  my  friend  in  Shibuya  yesterday . は、[私は昨日渋谷で友達と寿司を食べた] と考えるのではなく、[私は食べた 寿司を 友達と 渋谷で 昨日] という流れで日本語を考えるようにします。

 

[英語を小さく考える] とは、最初のうちは、できるだけ単純な形で英文を作成することを意味しています。単純な形とは、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤 説明] という四つの枠組みの内、なるべく[接着剤 説明] は利用せず、他の三つもできるだけ拡張させない形で利用するということです。

そうすると、自身で形成する英文は [主語 動詞 動詞に関連] という基本文の核の部分となります。[主語] を拡張させなければ、[主語] になるのは、[I, You, He, She, We, They, It, 名詞] のどれかなので、[誰々は(が)  ~する/した ~を] という流れの日本語を頭の中で考えるようにするのです。

この時に試みてほしいのは、もし思い浮かんだ日本語を英文にできない場合、

  • 1-日本語の動詞を変える。(意味の近いものに)
  • 2-日本文全体を変える。(意味の近いものに)

ことで英文の作成を目指すということです。

f:id:colombiacolom:20170504035426j:plain

もちろん、日本語から英語に変換できないものを勉強しインプットしていくことは重要なのですが、ある日本語から英語に変換できない時に、妥協点となりえる日本語を探せることも英語を話すためには必要な能力です

日本語を活かす詳しい方法は、こちらに書いてあるの参考にしてください。

www.colombiacolom.net

そういった能力を鍛えるためにも、日本語を英文作成に活用することは決して無駄にはなりません。私はそういった事をコツコツと繰り返したことで自身の中に基盤が形成されたと考えています。英会話上達に近道はありません。


そうすると、英語を話すときは英語で考える必要はないのか?

最終的には、英語を話す時は英語で考える必要はあります

今現在の私が英語を話している時はどうしているかを考えてみると、英語を話している時は、英語で考えているように見えます。ただ、これは一朝一夕にできるようになったわけではありません

 私がたどったステップは以下のようなものです。

  •  日本語 => 英語という変換を繰り返していったことで変換速度が速くなる
  •  その効果で英語の感覚を少しずつ理解しながらインプットが増えていく
  •  相手の話す英語のスピードについていけないという大きな壁に直面する
  •  そこから英語を話すときは英語で考える
  •  +αを実行することで徐々に相手のスピードについていけるようになる


つまり、英語を話すとき英語で考えるべき一番の理由は、相手の話す速度についていくためです。(それについては、リスニングの時に詳しく説明予定です。)

もし、なかなか英語が上達しない/英語が話せないことで悩んでいるのであれば、英語を話すときは英語で考えるを最初から実行するのはハードルが高いので、そこにいくまでにステップを踏むことをお勧めします。

日本語の感覚を活用することは、遠回りにみえるかもしれませんが決して無駄ではありません。私は英語を話そうと考えた時、無意識のうちに日本語が英語の配列になりますし、言いたいことがパッと頭に浮かばずに、[え~っと、○○って何て言えばいいかな~] などと考える時、無意識に日本語で考えながら英語を引き出そうと試みます。これは英語を勉強する中で、そういう練習を積み重ねてきたからこそできることで、それは私にとって英語を話すための大いなる財産となっています。そういう回り道の積み重ねがあなたの英会話上達につながるはずです。