英語を話すコツを考える

英会話上達に悩む人のためのブログ

英文法をマスターするには、動詞に関連の拡張の理解が必要というお話

あとで読む

f:id:colombiacolom:20180330011418j:plain

英文法(英語の文法)という言葉を聞くと、学校での英語の授業を思い出して身構えてしまいますが、あまり難しい話しは出てきません。英語を話すために必要なことは、英単語を覚える、発音、リスニングの強化、英文法を知る等、いくつもありますが、それらの中でも最初の段階で優先すべきなのは文を構成するルールを理解することだと思います。
英語は日本語とかなり距離のある言語です(似通っている部分が少ない)。そういう言語間に距離がある言語であればあるだけ、文を構成するルールをよく理解する必要があります。その言語が持つ文の構成ルールを知らずに文を作成すると、それを聞いた相手は何かしらの違和感を持つ可能性が高くなります。その違和感を生じさせないために英語が持つ文を構成するルールを身につけて、英文作成の能力を向上させていきましょう。今回取り上げる英文を構成するルールは、動詞に関連の拡張に関するものです。(そこから英会話上達へのヒントを探ります)

動詞に関連の拡張が、英文法ではたす役割とは?

英語は基本文で成り立っていて、動詞に関連とは動詞の次に配置されるものです。

動詞に関連が拡張するということを単純に言えば、[動詞に関連] が1つから複数になるということです。

基本文を簡単に説明しておくと、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は [主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

基本文について詳しく知りたい方は、下の2つを読んでください。

動詞に関連の拡張の種類はいくつあるのか?

動詞に関連の拡張を分類わけすると、3パターンあります。

  • 1- [主語 動詞 補足+動詞に関連]
  • 2- [主語 動詞 動詞に関連1 動詞に関連2]
  • 3- [主語 動詞 接着剤 +α全てが動詞に関連]

例文で見てみましょう。

1, It  is  a  [beautiful  flower] .
2, He  gave  [me  some  books] .
3, I  can't  believe  [what  you  said] . 

1は形容詞で名詞の説明を補足する形。
2は動詞に関連がもう1つ必要な形。
3は動詞に関連が関係代名詞 [what] で説明が補足された形。

 

その中で今回取り上げるのは、2の動詞に関連の拡張についてです
(1は形容詞の時に、3は接着剤の関係代名詞 [what] の時に説明予定です)


通常の基本文は [主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤  説明)] ですが、今回のものは [主語 動詞  動詞に関連1 動詞に関連2] ~ (+ 接着剤  説明)] となります。


2の [動詞に関連] の拡張の特徴は、独力で拡張するわけではないという点です。1の [動詞に関連] は、自らの意思決定(つまり動詞に関連独自)で拡張可能なのですが、2の [動詞に関連] は動詞に関連独自で拡張することはありません。

1の場合は動詞に関連が拡張しなくても英文を成立させることが可能ですが、2の場合は動詞に関連2の存在は英文を成立させるために必須なものという違いがあります。3の場合は動詞に関連が1つから複数で構成されるものに置き換わっていると考えてください。

そういった違いが生じる理由は、タイプ2の [動詞に関連] の拡張は [動詞] が何になるのかによって決定されるものだからです。

そもそも動詞と [動詞に関連するもの] は、[動詞] が主で [動詞に関連] が従という関係性を持っています。今回の動詞に関連が拡張するタイプ2は、主従関係の従にあたるものが2つ必要ということです。


2のタイプの [動詞に関連] を拡張させていく動詞がどんなものかというと、

  • 1-give, buy, show, tell, write, send, call, name, 等
  • 2-see, hear, feel, find, notice, smell, catch, want, 等
  • 3-find, leave, keep, get. believe, make, paint, 等
  • 4-have, get (基本的に、この二つです)   
  • 5-make, get, let (基本的に、この三つです)
  • (重なっている動詞があるのは間違いではありません)

五つに分類わけしたこれらの動詞群が、動詞に関連を1つから2つに拡張させる効果を備えています。これらの動詞を使えば必ず [動詞に関連] が拡張するわけではなく、一定の条件下で用いることによって動詞に関連が拡張していきます。

例文
=> I  bought  a  book . (私は 買った 本を一冊 -拡張無し)
=> I  bought  him  a  book . (私は 買った 彼に本を一冊 -拡張有り)

 

五つに分けているのは、それらの拡張の仕方に違いがあるからです。

1, 主語  動詞   [人/名詞] [名詞]
2, 主語  動詞   [人/名詞] [動詞の原形/進行形 ~/to 動詞]
3, 主語  動詞   [名詞] [形容詞/過去分詞] 
4, 主語  have  [名詞] [過去分詞] 
5, 主語  make [人/名詞] [形容詞/動詞 ~]

 例文でみると、
1, I gave [her] [some books].
2, I saw  [her] [cry].
3, I left [the door] [open].
4, I had  [my hair] [cut].
5, The movie made [me] [laugh].

[動詞に関連するもの] の拡張の種類が、五つも存在するからといって特に難しく考える必要はありません。その五つには [動詞に関連] が拡張する場合に共通点を見い出すことができます
それは、それらが拡張しなかった場合を仮定してみることで見えてきます。

1, I gave [her]
2, I saw  [her]
3, I left [the door]
4, I had  [my hair]
5, The movie made [me]

この文を英語の配列のまま、日本語にして考えてみてください。
1, 私は あげた 彼女に
2, 私は 見た 彼女を(が)
3, 私は そのままにした そのドアを
4, 私は してもらった 髪の毛を
5, その映画は させた 私を

この日本語を見て、どう感じますか?
当然、[動詞に関連] の2つ目が欠けているので、日本語の文が不完全なものと感じるはずです。その不完全さを感じる点の先に全てに共通する部分があります。その共通項は、接着剤を使わずに説明を付け足すことが可能という点です。(接着剤とは前置詞、関係代名詞、接続詞などの接着剤効果のあるものです)

そんなことが重要な共通点なのかと思うかもしれませんが、接着剤という触媒なしで説明を接続できるというのが、これらの文が持つ『 強力な武器 』なのです。

考えてみてください。そんなことは当たり前だと思うのは、今回、[動詞に関連] の拡張の話しをしているからそう思うのであって、通常、基本文の核(主語 動詞 動詞に関連)に説明を付け足そうと思ったら、どうやって説明を付け足そうか(または足せばいいのか)と悩みませんか?

そんな時 [動詞に関連] が拡張する文では、特定の動詞を使うと決めた段階で、接着剤の有無に悩まされることなく表現を広げられるのです。その発想は以下のような考えにつながっていきます。

私は、英語の文は1つで形成されていると考えています。

また英語は、基本足りていない説明を付け足していく言語だと考えているので、5つの分類わけした英文の内の1~3は私の中では次のようになっています。

  • 1-基本文 + [名詞]
  • 2-基本文 + [動詞の原形/進行形 ~/to 動詞]
  • 3-基本文 + [形容詞/過去分詞] 

接着剤なしで説明を付け足せるという利点を活かせば英文を単純化することができます。(こういう発想が英文法を単純に理解していくことにつながります)

4と5は、それ以上の単純化はできないので日本語でイメージします。

  • 4-~してもらう => 主語  have   人/名詞  [過去分詞]
  • 5-~される   => 主語  make  人/名詞  [形容詞/動詞 ~]

4 はどちらの動詞を使っても意味は同じですが、5 はそれぞれ使われ方が違うので注意して覚える必要があります。

make => (人に思わず) ~させる/(強制して) ~させる
let => (許可を与えるという意味で) ~させる   

(ここで取り上げた動詞はそのうち個別に説明予定です)

単純化した日本語で表すと、
1, (主語は ~する      誰々に  ~を)
2, (主語は ~する      誰々が  ~するのを)
3, (主語は ~する      名詞を  ~に)
4, (主語は してもらう 名詞を  ~に)
5, (主語は ~させる     誰々を  ~に)

 英語の文は1つという考えについて知りたい方は、こちらを読んでください。

www.colombiacolom.net

動詞に関連の拡張をどうやって使えるものにするのか?

イメージしやすくなった動詞に関連の拡張を、どうすれば使えるようにしていけるのでしょう?それには上でやったように [動詞に関連] が拡張していなかった場面を想定して、[動詞に関連] のすぐ後に線を引いてください。

そして、その説明の欠けている部分を 日本語で考えてみます
1, 私は あげた 彼女に => 何を (あげたの)?
2, 私は 見た 彼女を(が) => どんな(彼女を見たの)?
3, 私は そのままにした  そのドアを => どう (したの)?
4, 私は してもらった 髪の毛を => どう (してもらったの)?
5, その映画は  させた 私を => どう (させたの)?

日本語で考えてみると、何が欠けているのかが非常に明確になります
その欠けている日本語を、それぞれの英文の基本文の核に当てはめていくと、

1, I gave her / + 何を(あげたの)? => some books/a pen/a beautiful flower/etc .
2, I saw her / + どんな(彼女を見たの)? => cry/crying/running/walking/etc .
3, I left the door / + どう(したの)? => open/locked/etc .
4, I had my hair / + どう(してもらったの)? => cut/colored/etc .
5, The movie made me / + どう(させたの)? => sad/happy/etc .

日本語で考えることで英文にどんな説明が足りていないのかをイメージしやすくして、そこに欠けているものが何なのかを考えるクセをつけていきます。

 

その感覚を覚えたら、今度は1~5に別の動詞を当てはめて同じことを行ってください。そうすることで、どの動詞を使う時に、動詞に関連2が必要なのか(または接着剤を使わなくても説明を付け足せるのか)を身につけていきます。
英文に欠けているものが何かを考えることを優先して行ってそこに拡張を促す動詞を後から組み込んでいくのです。

そもそも、なぜ動詞に関連の後に線を引くのかを突き詰めていくと、それは [動詞に関連] の後の線を引いた部分に『 思考の重心をシフトしていきたい 』からです。

f:id:colombiacolom:20180330011536j:plain

少し前に、英語は説明をどんどん後から付け足していく言語と説明しました。説明を付け足していく性質を持っている英語の文を作成する時に、少し前のもの(ここでは動詞)が拡張の主導権を握っていることは瞬間での思考に不都合だと言えます。

接着剤を使って説明を付け足していく場合は、接着剤を使うと決めたタイミングと使うタイミングにズレはありませんが、今回のタイプ2のように動詞が拡張の決定権を持っていると、動詞を使うと決めたタイミングと説明を付け足すタイミングにズレが生じます。そのズレを解消するために、動詞に関連の後に線を引き、思考の重心をそこに移したいのです。動詞に関連の後に自分の頭の中で架空の線を引ければ、脳がそこで考える時間を作れます。そうすることで、動詞に関連の後で [この文は、~が足りてないから、これを足すかな] と考えられるようにしたいのです。

もちろん [動詞に関連] の後に線を引いて考えるからと言って、[動詞に関連] の拡張を決定するのは [動詞] に変わりはありません。なので正確に言うと、動詞に関連の拡張を線を引いた部分で操作していると、良い意味で脳に勘違いさせてしまおうということです。そうやって思考をより単純化していくことで、動詞に関連の拡張は難しくないと脳に植え付けていきたいのです。(こういう発想を利用するのは英語が話せない初期段階においてです。英語が話せる段階になれば自然にそういった事は気にしなくなります)

動詞に関連の拡張を把握しておくことは受動態(受け身)の理解に役立ちます。

英文法をただ単純に文法書に書いてある通りに頭に入れるだけでは、英会話をなかなか上達させていけないはずです。文法書は英語の文の法則を理解するためのものであって、英語を話すということに特化したものでないからです。英文法をいかに英語を話すために自分で解釈し直すのかが非常に重要になります。そうやって英文法を自分なりに捉え直すことは、最終的に英文法をより深く理解することにつながっていきます。

英文法の理解をさらに向上させるには

拡張の仕方を知っただけで終わってしまうと、それらが英文法の理解を深めることに結びついてはいくことはありません。知ったというだけで終わりにしないで、それを使えるようにしていく必要があります。そのためには結局のところどのくらい練習したのかが問われることになります。動詞に関連の拡張を使えるようにするためには、上で説明した以外にも色々な練習が考えられます。

例えば、I gave her some books . という文を考えたとします。

=> 1, [動詞に関連2] の [some books] を色々なものに変える。
=> 2, [動詞に関連1] の [her] を他のものに変える。
=> 3, 分類1の中の違う動詞を使って例文を考える。
=> 4, 1、2の作業を、3の動詞でおこなう。

まず [動詞に関連2] に変化を加えていくことで、動詞に関連がどう拡張していけるのかを徹底して練習していきます。それからその動詞で他にどう表現を広げていけるのかと、同じタイプの動詞ならどんな表現が可能なのかを練習することで表現できる幅を拡げていきます。
 
この時、自分が日本語で日常的に使っている動詞と1~5の中の動詞を結び付けていくことが望ましいです。そうすることで記憶を引き出しやすくします。このように、1つの動詞について練習するだけでも相当な時間がかかります。どんなに英文お構成するルールを理解しても、練習してそれを自分のものにしていかなければ英語は話せるようにはなりません。

英語の文の中心にいるのは [動詞] です

動詞が動詞に関連を決定し、場合によっては動詞に関連の拡張をも決定します。つまりこのタイプ2の動詞に関連の拡張を理解することは、それを促す動詞の使い方を理解することにつながっていきます。自分で例文を作っていくことによって、動詞が英語の基本文を形成する上でどれだけ大きな役割を担っているのかを実感していきましょう。動詞と [動詞に関連の拡張] の使い方を理解することが英文法の根幹を理解することにつながっていきます。

動詞が英文の中心を成していることの説明は、こちらをどうぞ。

www.colombiacolom.net

ただ単純に動詞を覚えればいいということではありません。練習を工夫し積み重ねていくことで、その動詞が拡張してどこまで表現可能なのかという可動域を理解していくことが重要です。

この場合はこの動詞、この場合はこの動詞で動詞に関連が拡張と、自分の頭の中で取捨選択していくための技術を身につけていくということです。そういった積み重ねが [動詞の関連の拡張] の英文の中での立ち位置を明確にし、あなたの英文法への理解を深め、英文法への恐怖も拭い去ってくれるはずです。