英語を話すコツを考える

英会話上達に悩む人のためのブログ

英語を話すには

結構言われる [Don't be shy] 。どう対処するのが語学学習にはベターなのか?

皆さんは、英会話スクールや英語のプライベートレッスンの最中に [Don't be shy!]と言われた経験はありませんか?私はオーストラリアで英会話学校に通っていた時(1か月)や、カナダで英語のプライベートレッスン(計16回)を受けていた時、英語教師から耳に…

恥ずかしいから英語ができない?の裏側を覗いてみたというお話

日本人はよくシャイ(shy)だと言われます。確かに自己主張を是とする国で育った人から見ると、大抵の日本人はシャイ(shy)に映るかもしれません。英語学習においてもこの [shy(恥ずかしい/恥ずかしがる)] というワードをたまに目にします。このシャイ(shy)とい…

有効な英語とは、技術に根ざした英語というお話

英語を話す、または英語が話せないということについて考察する時、不思議なくらい技術という話は出てきません。英語を話せない原因は色々と考えられますが、結局のところ英語を話す技術がないという点に行き着くように思います。技術という視点で英語が話せ…

英語の基礎、現在形、過去形、進行形は、1度整理すると使いやすくなる?

学校での学習から離れて英語学習を再開すると、習ったはずなのに英語の現在形、過去形、進行形の正確な意味が意外とあやふやになってたりしませんか?その要因は、現在形で表現可能なことが思いのほか多かったり、過去形もある場面では必要不可欠なものがあ…

英語で会話がしたくて動詞 [get] にフォーカスし続けたら、ある幻想を抱いたというお話

海外を旅してコロンビアに落ち着き、本気で英語の勉強を再始動させた私はかなり初期の段階で、英語で会話をするために動詞 [get] にフォーカスし続けた経験があります。そうなった過程は、1,英語の文は1つだと考えるようになる(英語の基本文を利用)。=>2,英…

英語が話せないから話せるに転換するターニングポイントはいつかというお話

私は、2年半に渡るバックパッカーとしての旅を終了し日本に帰ってから、職場でたまに機会があって英語を話すと、よく [どうやって英語を話せるようになったの?] と聞かれました。これに対する私の答えは [勉強したから] という非常に単純なものでした。ほ…

英語を話したいなら、最初に覚えるのは絶対に動詞という点を解説します。

英語を話したいのに、なかなか話せるようにならないとうジレンマは、英語学習者の多くが持つものだと思います。英語に限らず第二言語を話せるようになるには、単語をインプットすることが絶対に欠かせません。それも少しインプットすればいいわけではなく、…

英語を話すときは英語で考えろを実践したら、猛烈に頭にきて対策を考えたというお話

英語を話すときは、英語で考えろ。この言葉は、英語を話すのに必要なこととして、英会話上達の本などで取り上げられることが非常に多いフレーズです。皆さんも一度くらいはこのフレーズを見たり聞いたりしたことがあるのではないかと思います。それを聞いた…

英語の五文型を一度捨てることが、会話力の上達につながるというお話

英語学習が学校で始まると、最初の段階で教わる文法の中に [五文型] があります。S V なんちゃらというやつです。 英語の五文型とは、 第一文型: S + V (主語 動詞) 第二文型: S + V + C (主語 動詞 補語) 第三文型: S + V + O (主語 動詞 目的語) 第四文…

英語を習得するために、日本語を活かしましょうというお話

日本語を母国語としている人が、英語で会話をしている時、日本語はどういった扱い方をされているのでしょう? 小さい頃から成人するまで英語圏で過ごしたり、小学校からインターナショナルスクールに通うなどでない限り、育つ過程で自然と英語を身につけるこ…

英語を話すために、英語の基本文という軸を持つ。

英語のネイティブスピーカーや、第二言語なのに母国語のようにスラスラと話す人達の英語を耳にして、彼等は、どういった法則に基づいて英語を話しているのかと疑問に思ったことはありませんか? 英語を話したいと思ってもなかなかそうならずもがいていた私は…

英語を学ぶ上で、最初に必要な事とは?

私は英語が話せなかった頃、何冊もの英語の習得に関する本を読みました。 そういった英語習得のための本には、 -「発音が大事です」 -「文法が大事です」 -「日本語で考えるな」 -「英語をガンガン聞いて耳を鍛えよう」 -「外国の友達を作ってどんどん英語を…