英語を話すコツを考える

英会話上達のヒントを考察するブログ

受動態 [~される] は [I was stolen ~] と考えると失敗するというお話

f:id:colombiacolom:20170708031735j:plain

私は学校の授業で英語の受動態(受け身)を、私は財布を盗まれた => [I was stolen my wallet (by ~)] と習いました。でもこの英文間違ってるんですよね。学校で間違った形で習い、さらに使う場面を教わらなかったので、長い間、この受動態(受け身)をおかしな形で利用していました。受動態はどういう場面で利用するのかを理解することで、受動態の正しい形を身につけやすくなります。

今回は、受動態(受け身)を掘り下げていくことで英会話上達へのヒントを探ります。

 

受動態とはいったいどんなものなのか?

基本文で形成された [誰々は~する/した] という英文のことを能動態と呼びます。
それに対して [誰々は~される/た] という英文を受動態と呼びます。

=> He stole my wallet . (彼は 盗んだ 私の財布を)-能動態

この英文を [~される/た] という形にすることが受動態の基本原理で、私は学校で以下のような英文にすると習いました。

=> x,,, I was stolen my wallet (by him).

[誰々が ~される/された] という英文を作成したい時、通常の基本文の動詞の前に [be動詞] を配置し、動詞を過去分詞に変えることで表現できるのが受動態と習いました。


でもこれは、完全に間違いです

 

受動態を使うためには、それがどういった場面で利用されるものなのかを理解することが重要です。

受動態は大まかに考えると、以下の三つの場面で利用されるものです。

  • 1-基本文の [動詞に関連] に当てはまる [人/物/事に] 焦点をあてた文を利用したい場合
  • 2-行為者が明確ではない、または行為者を明確にしたくない場合
  • 3-客観視した表現を利用したい場合

[動詞に関連] は正確に言えば動詞に関連するもので、目的語/補語を含めたものと考えてください。

基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは、状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

基本文について詳しく知りたい方は、こちらを読んでください。

www.colombiacolom.net


1,基本文の [動詞に関連] に当てはまる [人/物/事] に焦点をあてた文を利用したい場合

通常、英文は [主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)] という流れで形成されます。

=> He  stole  my  wallet . (彼は 盗んだ 私の財布を)
 主語 動詞 動詞に関連

この基本文の中の動詞に関連(ここでは my wallet)に来るものに、[焦点をあてて] 英文を作成したい時に活躍するのが1のタイプです。
やり方は [my wallet] に焦点をあてるために、[my wallet] を主語の位置に配置して、その後に [+ be動詞  動詞の過去分詞(能動態で使われている動詞を)] を配置することで受動態を完成させます。

=> He  stole  my  wallet .
=> My  wallet  was  stolen  (by  him) .

[stolen] の後の [by him (それを行った行為者)] は、それがないと意味が伝わらない場合以外はなくても問題ありません。受動態においてその部分はあまり重要ではありません。その部分を強調したいなら通常の基本文で表現すればいいだけです。

 

ここで [私は  盗まれた] だから、
=> I was stolen my wallet (by ~) .  としてはなりません。

そうできない理由は、

1, 動詞に関連に配置されているのは [my wallet] で、[me] ではないから
2, [steal] という動詞は動詞に関連に [物/事] を配置する動詞で、性質上 [動詞に関連] を拡張させない動詞なので動詞に関連に [人] が配置されることはないから。

 

とすると [steal] を受動態で利用する時は、必ず主語の位置に配置されるのは [物/事] だということです

そもそも意味もおかしくて、[I was stolen ~] だと [私は盗まれた] ではなく、[私(自身)が盗まれた] という意味になってしまいます。

 

もちろん受動態の主語に [人] を配置できないというわけではありません。

例えば [(私が)ボブに蹴られた] ことを強調したい場合は、
=> I was kicked (by Bob). -受動態

この受動態の元の文は、
=> Bob kicked me . (ボブは 蹴った 私を)-能動態


他にも [(私は)パーティーに招かれたんだ 彼に] と言いたい(招かれたという部分をフォーカスしたい)場合、
=> I was invited to the party (by him) . -受動態

この受動態の元の英文(能動態)は、
=> He invited me to the party . (彼は 招待した 私を そのパーティーに) です。

動詞に関連1に人が配置されているので、人を主語に受動態を作成できます。([me] の後の [to] は [invite] とセットです) 

動詞によっては受動態の主語に [人] を配置できないということです。


2, 行為者が明確ではない/行為者を明確にしたくない場合

 

会話において、行為者が誰なのかわからないことや、行為者を明確にしたくないことについて話す場合が存在します。

それを行ったのが誰かはわからない(定かではない)が、そこで起こったある事象を説明したい場合、[物/事] を主語に配置することで文を作成していきます。


私は財布を盗まれたのだが、誰に盗まれたのかがわからない(行為者が明確ではない)場合、
=> My  wallet  was  stolen .

誰に盗まれたのかはわからないので、[by 人] は当然無しです。

私は財布を盗まれたのだが、誰に盗まれたのかを明確にしたくない(行為者を明確にしたくない)場合も、
=> My  wallet  was  stolen .

それを行ったのが誰なのかは目星がついているのだが、色々な理由でそれを隠したい(またはその人をかばいたい)時、[~される/された] という行為自体に焦点をあてることで、行為者への注目を避けることが可能になります

こういう場面で、受動態は非常に効果を発揮します。


3, 客観視した表現を利用したい場合

 

会話において、自分が~、彼が~、彼女が~、それが~以外に、[一般的に/総体的に~言われている] 等の表現を利用したい時があると思います。

そういう時、
=> It is said that 基本文. という形で表現が可能です。

もちろん英語も日本語と同様に、[~と言われている] と表現しているだけで、それが真実/事実なのかは(どうでもいいとはいいませんが)定かではありません。

過去の話しなら、
=> It was said that 基本文. (言われていた ~は ~と)

他にも [believe, report, expect, etc] 等が利用されます。
=> It is believed that 基本文. (信じられている ~は ~と)
=> It is reported that 基本文. (報告されている ~は ~と)
=> It is expected that 基本文. (期待されている ~は ~と)


こういった言い方を知っていれば、相手に説明したり相手を納得させたりする場合に有効な手段となりえます。


受動態をどうやって使えるものにするのか?

受動態を使えるようにするには、最初の段階では2の時にのみ使うと決めるのが効果的です。えっ、と思うかもしれませんが、最初は受動態を使う場面を自分の中で明確にする必要があります。

それに最も適しているのは、2のタイプです。

取りあえず受動態を使うのは、[2, 行為者が明確ではない/行為者を明確にしたくない場合] に限定し主語に配置するのは [物/事] だけにします

f:id:colombiacolom:20170708031711j:plain

そうすることで受動態をいつ使うのか、なぜ使うのかを明確にしていきます

2のタイプを使えるように練習を積み重ねると、この受動態がどういった場面で効果を発揮するものなのかがよく理解できます。2が使いこなせるようになれば受動態の効果が頭に入っているので、後は1と3で利用する範囲を少し広げていくだけです。2のタイプを軸にして1と3も使えるようにしていきましょう。そのためには自身で具体的な受動態の例文を色々と考えて練習を積み重ねていく必要があります。

そして受動態の仕組みと使う場面を理解してきたら、基本的に受動態にしないものを頭に入れていきます。

  • 1-[動詞に関連] が存在しない文
  • 2-[動詞に関連] に場所を表す名詞が配置される場合
  • 3-形は能動態で意味は受動態のようになる動詞を利用する場合

1, [主語  動詞] までで文が完結する動詞(die, sit, cry, arrive, etc)-自動詞と呼ばれるもの。

2, [reach(到着する), enter(入る), round(曲がる)] 等のように、[動詞に関連] に場所を入れる動詞。
=> I reached the beach . (私は 着いた その浜辺に)-能動態

3, [eat(食べられる), cut(切れる), bake(焼ける), cook(料理される), show(上演される), lock(鍵がかかる), rent(借りられる), sell(売れる), read(書いてある), ride(乗れる), tear(破れる)] 等の動詞。
=> The bread baked well . (そのパンは上手く焼けた/焼かれた)-能動態

他にも、[have, lack, fit, suit, become] 等の動詞も受動態を使いません。

 

ただ、こういったものを覚えるのは後回しで問題ありません。まず受動態をいつ、どう使うのかを沢山例文を作って理解することを優先してください。自分で受動態の英文を沢山作って、その過程で何かこれ違和感あるな~となった時に、ちょっと思い出してこういった受動態にできないものがないかを調べて頭に入れていけばいいと思います。

受動態を覚える時に、動詞 [give] が持つ [~される側] からの視点を一緒に頭に入れると効果的です。

www.colombiacolom.net

受動態はいつ使うのか/なぜ使うのかを考えると、どう使うのかが見えてきます。練習を重ねて自身の英会話上達へつなげていきましょう。