英語を話すコツを考える

英会話上達に悩む人のためのブログ

恥ずかしいから英語ができない?の裏側を覗いてみたというお話

あとで読む

f:id:colombiacolom:20190518163528j:plain

日本人はよくシャイ(shy)だと言われます。確かに自己主張を是とする国で育った人から見ると、大抵の日本人はシャイ(shy)に映るかもしれません。英語学習においてもこの [shy(恥ずかしい/恥ずかしがる)] というワードをたまに目にします。このシャイ(shy)というワードについてモヤモヤした部分があるので、今回は、英語ができない/話せない理由をシャイ(shy)のせいにすることの弊害について考えていきます。

恥ずかしいから英語ができないのか?


私は恥ずかしいから英語ができない/話せないと考えたことは1度もないのですが、英会話教室に通っている日本人生徒がインタビューされて、-[恥ずかしくて(英語が)話せない/恥ずかしいから(英語が)話せない] と言っているのを何度かテレビで見かけたことがあります。


それを見て私が疑問に感じた(または感じる)のは、
-[じゃあ恥ずかしくなかったら英語を話せるのか?] という点です。


そこに出てきた彼等/彼女等を悪く言っているわけでは決してありません。ただ単純に英語ができない理由を恥ずかしさのせいにしていることに、何とも言えないモヤモヤを感じたので、その部分について掘り下げます。

なぜ英語ができないのを [恥ずかしさ] のせいにするのか?


英語ができない理由を [恥ずかしさ] のせいにするのは、本当は恥ずかしいから英語が話せないのではなく、

英語を話せない根本の原因が自分自身よくわからないから、 取りあえず恥ずかしいということにしているだけなのではないでしょうか。

私は海外を旅する中で、英語が話せなくてちょっと頭が混乱したり、苦労した経験は多々ありますが、恥ずかしいから英語を話せないと思ったことはありません。

恥ずかしさのせいにするのが良くない理由


英語ができない/話せないことを恥ずかしさのせいにすることは、現状を把握することを放棄し、問題を先送りしているように思えます。

これはなかなか英語を話せるようにならないという現実が、問題の本質を見えにくいものにしていると推測できます。

私は海外を旅している時、1年以上英語を誰かに教えてもらおうと考えていました。これを違う角度から眺めると、誰かに教えてもらえれば英語は話せるようになると安易に考えていたということです。誰かに英語と、英語のメカニズムを教えてもらうのが英語を話すための最短距離と都合よく考えていたのです。誰かに何かしてもらおうという発想では英語が上達するはずがありません。そもそもそんなに都合の良い人がいると考えること自体に無理があります。

恥ずかしいから英語ができない/話せないという発想も、現状を正確に直視せず問題を先送りしている点において根は一緒に思えるのです。

英語が話せない理由を恥ずかしさのせいにしていると、いつまでたっても英語は話せるようになりません。なぜいつまでも英語が話せないのかを、もっと正確に自己分析する必要があります。


恥ずかしいという言葉/考えを、1度頭の中から捨てましょう


(補足:英語が話せない原因の1つに、相手の話していることをほんとど理解できないという点もありますがこれは別の機会に説明予定です)

英語ができない/話せない根本の原因は?


英語ができない/話せない理由が [恥ずかしさ/羞恥心] でない場合、何が原因で英語が話せないのでしょう?

考えられる大きな要因は以下の2つです。

  •  1, インプットが圧倒的に足りていない
  •  2, 英語のメカニズムを理解していないので再現性がない


1, [インプットが圧倒的に足りていない]

英語に限らず第2言語を身につける過程で多量のインプットは絶対に欠かせません。多量の英単語をインプットして自身の中に基盤を作らないと、英語を話す技術も向上させることはできません。

基盤となるものが全く足りていない
基盤がないから技術力を上げることができない


恥ずかしいから英語ができない/話せないと考えるのではなく、英語を話す技術力がない、その技術を支える基盤がないと考えるべきです。それを改善するにはコツコツと勉強と練習を続けていく必要があります。最初は1度ガムシャラに沢山の英単語をインプットするのも1つの手です。

それについては、こちらを参考にしてください。

www.colombiacolom.net

自身の中に核となるもの/頼るべきものを形成する必要があります。 

 


2, [英語のメカニズムを理解していないので再現性がない]

英語は日本語に比べてはるかにシステマチックです。

英語がどういった仕組みでできているのかを知る。
英語がどういった流れで長くなるのかを知る。


英語のメカニズムを理解していないと、頭の中で英語を再構築するのは難しいと言えます。でもそこを十分に把握すれば後は勉強と練習を積み重ねることで、英文を作成する流れを理解できるようになります。そのためにまず英語を簡素化して考えるのがお勧めです。そうすると英文をイメージしやすくなります。

英文は1つで構成されていると考えることが可能です。

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~  (接着剤 説明)]

([動詞に関連] でわかりにくい場合、[目的語/補語] と考えてください)


基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は [主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it/たまに副詞(正確には動詞に関連するもの)-[目的語/補語] でも可
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていくこと] を意味しています。


英語と日本語の違いについての考察は、こちらを読んでください。


英語のメカニズムを理解したら、それを勉強と練習で強固にしていく必要があります。知っただけで終わってしまうと、それを忘れていくのも速いです。何かの本を読んで英語を勉強した気になっても英語は話せるようにはなりません。(それが可能なのは言語の天才くらいです)


重要なのは自分で何度も練習を繰り返すことで、

-「この場合はこうすれば対応できるな。」
-「あー、これはこの条件の時に使えるな。」という経験則を積み上げていくことです。

それが自身で再現可能な英語をあなたの中に形成していく土台となります。

英語を話す技術の細かい説明と構築の仕方は、こちらを参考にしてください。

www.colombiacolom.net

もし本当に [恥ずかしい] ことが原因で英語が話せないのなら?


ここまで私の経験を元に、恥ずかしさと英語が話せないことは関係ないと説明してきましたが、中には本当に恥ずかしいことが原因で英語が話せないと悩んでいる方もいると思うので対策を考えます。

本当に恥ずかしいという理由でなかなか英語が話せないのであれば、恥ずかしさを生み出している原因を突きとめる必要があります

考えられることは以下の2点でしょうか。

  •  1, 英語を話せない自分の姿を人に見られるのが恥ずかしい
  •  2, 使った英語が間違っていることを指摘されるのが恥ずかしい


もし恥ずかしさの原因がその2点であるなら、ある程度ルールを決めてから英語/英会話の授業や実戦に臨めばいいのではないでしょうか?

例えば、

基本文の核のみを利用する
接着剤を利用しない
各枠組みを拡張しない等。


使うものを狭めておくことで、現場での対応を単純化します。

[主語 動詞 動詞に関連] の3つ中に何か単語を当てはめれば、一応英文は完成します。小さな成功体験を積み重ねていくことで、それは自分の英語への信頼を生みます。自分が使える英語の幅を冷静に分析し、それらの表現の中でどう表現できるかだけを考えて英語を使うことにします。

例えばあなたが使える表現が [It's 形容詞/名詞 (+to 動詞 ~)] と、[主語 be/get 動詞に関連 ~] という表現だけだとします。これしか勉強していなければ、実戦においても当然それしか使うことはできません。でもその時にそれしか使えないということを悪く考えるのではなく、その表現の幅を日本語から拡げていけないかを集中して考えることで、自分の持ち手の中でどう表現できるのかを考える場にするのです。


そうすればそこであなたがトライしたことは間違いという概念ではなく、 手探りしながらの実験の場ということになります。

 

f:id:colombiacolom:20190425150503j:plain

そこで使った表現が、自分が考えていたようには使わなかったり、使えるけどどちらかと言うと正確ではない等の細かい部分は、その時に理解する必要は全くありません。

正確に言うと、その時にそれを理解することはあまりできないと思います。それがあまりに変でない限り、それを指摘してくれる人も少ないはずです。それは意外と普通なことです。(もちろん中には小さな間違いを指摘するのが好きな方もいますが) そういった割り切りが必要でしょう。

 


他にも恥ずかしいという感情以外の部分を利用する方法があります。

  •  a, お金がもったいないからやらなきゃ。
  •  b, 発想を転換してみる。

もし英会話学校に通ったり、ネット環境を活用して英語の勉強にお金を使っているのなら、1年でかかる総額を計算しそれで何が買えるのか考えてみましょう。[あ~このお金があったらあれが買える] と考えることで自らを鼓舞しましょう。

また自身の間違いを恥ずかしいと思うのではなく、間違いは失敗ではなく英語を話せるようになるための重要なステップと発想の転換をしたらどうでしょう。

サッカーのストライカーは何度も練習、試合でシュートを打ち続け、歌手は何度も練習しライブ等の実戦で歌を歌い続けることで技術を向上させていきます。

失敗は成功の母のはずです。失敗したら失敗しただけ成長曲線を大きくしていけると考えてみましょう。

ちなみに私は海外へ旅に出るまではかなりの恥ずかしがり屋でした。なので恥ずかしいという部分も十分に理解できます。私の場合は海外へ旅に出てすぐに、恥ずかしがっている場合ではないという状況下に陥ったことで、恥ずかしがるという内向的な部分は自然と解消されました。(勿論、それで英語が話せるようになったわけではありません)

当時の間抜けな様子はこちらをご覧ください。

恥ずかしさも基盤を積み重ね、技術力を向上させることと、発想の転換などで克服は可能です。色々と考えて試みてみましょう。