英語を話すコツを考える

英会話上達に悩む人のためのブログ

英語を話したいなら最初に覚えるのは、絶対に動詞という点を解説します。

f:id:colombiacolom:20170503051444j:plain

英語に限らず、第二言語を話せるようになるには、英単語をインプットする作業は絶対に欠かせません。それも少しインプットすればいいわけではなく、英単語の多量のインプットを必要とします。

皆さんは、この英単語の [多量のインプット] という言葉を聞いて、どんなことを考えますか?絶対に覚えなきゃ駄目なの?とか、多量ではなく少量にはできないの?とか、楽できる裏技のようなものはないの?なんて思ったりしませんか?

ちなみに私は、英語が話せない頃、ずっとそんなふうに考えていました。英単語を覚えるという作業をゼロにすると、英語は絶対に話せるようにならないのなら、覚えていくものに [優先順位] があればいいと思いませんか。

私は英単語を全くインプットできていなかった頃、楽して英単語をインプットしていきたいと思っていたので、
=>「覚える優先順位はないの?」
=>「覚える優先順位があった方がいいな~。」
=>「覚える優先順位はきっとあるはずだ!」という思考の変遷をたどってきました。

覚える優先順位があれば、それがないより、どれから覚えていけばいいのだろうという迷いをかなりの部分で排除できます。

では何を優先的に覚えていくべきかというと、それは断然『 動詞 』を優先して覚えるべきだと考えています。今回は、なぜ動詞を優先すべきなのかを考察することで、そこから英会話上達へのヒントを探ります。


なぜ、動詞を優先して覚えるべきなのか?

私がどう英文を作成するのかを単純に分析すると、基本的なルールは二つだけです。

  • 1- 英語の基本文を利用する
  • 2- 日本語は英語の配列で考える

英語を話すわけですから、当然、英語のルールにのっとって英文を作成していく必要があります。また私は、留学、仕事等、長時間英語が周りにある環境を持ったことがないので、日本語をどうやって活用していくのかという発想が、常に思考の根底にあります。


英語の基本文を利用し、日本語を英語の配列で考えるということは、例  I   ate  sushi .  を考える時、 (私は 寿司を食べた)という並びではなく、=> (私は 食べた 寿司を)という並びで考えるということです。


基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、
それら四つの枠組みは、状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

詳しく知りたい方は、こちらを読んでください。

www.colombiacolom.net

私はそうすることで、日本語の感覚を排除することなく、英語の感覚を身につけてきたと言えます。そしてそうやって日本語を英語の配列で考えることを繰り返し、英語を作成していくようになると、そこにある変化が生じてきました。

どんな変化が生じていったのかというと、多くの場合において [主語を省略する] というものです。英語は基本的に主語を省略しない言語なので、主語を省略するようになったのは、英語においてではなく、日本語を考える時においてということです。


そして主語を省略する多くの場合というのは、英語において [主語が拡張しない場合] になります。主語が拡張しないということは、英語の主語は、[I, You, He, She, We, They, It, 名詞, 動名詞] などの簡単なものになります。(主語の拡張については今後説明予定です)

英語において簡単なものなら、日本語で考える時は、[なくてもいいな] と思考するようになっていったということです。これは我々が使う日本語が、主語を頻繁に省略する特性を持っているからだと思います。ここで勘違いしてほしくないのは、英文を作成するときは、主語を利用するということです。ある一定の条件下(英文で主語が拡張しない場合)の、日本語を考える時のみ、主語を利用しなくなるということです。


ということは、往々にして、私が英文を作成する直前の頭の中は、[食べた ~を] [行った ~へ] [勉強している ~を] 等、主語が省略された [(主語) 動詞 動詞に関連] という思考の流れになっているということです。ではここから何がわかるのかと言うと、これは私が多くの場合(英文で主語が拡張しない場合)、最初に、動詞を何にするかを決めて英文を作り始めていることを意味しています


これは言い換えると、どんな文にして話そうかということを決めるのも、[動詞をどれにするかを決定することから、思考の第一歩が始まっている] ということです。つまり、往々にして英語は、動詞が文を作成する決定権を握っていて、[動詞を決めないと文を作成するプロセスへ進めない] ということです。だからこそ英語を話したいなら、英語学習において、動詞を優先して覚えていくべきだと私は言いたいのです。


それをどうやって使えるようにしていくのか?

まず上で説明したように、日本語の配列を英語の配列で考えるクセをつけていくことから始めます。そして、その日本語の動詞を英語に変換できるか考えます。動詞を英語に変換できない場合は、そこに当てはまる英語の動詞が何なのかを [徹底して調べて頭に入れて] いきます。

最初に注意してほしいのは、主語を必ず頭に配置するのを忘れないということです。最初は、日本語の主語も省略せず、基本的に英語では主語は省略しないという感覚を身につけていきます。

難しく考えず、[I, You, He, She, We, They, It] のどれかを利用してください。日本語の [主語 動詞] から、英語の [主語 動詞] という変換工程を繰り返し行うということです。ここで非常に重要なのは、単純に英語の動詞をたくさん頭に入れればいいということではないということです。

そうではなく、いかに [自分が会話で頻繁に使っている日本語の動詞] に対応できる英語をより多く頭に入れて、それを自分のものにしていけるのかが重要だということです。

日本語に対応する、主語、動詞を英語にしていく、そんな単純な行為をコツコツやってください。なぜなら、それを繰り返し行っていると、チラホラと英語にできない日本語の動詞が出てくると思うからです。

辞書を使って調べれば普通のってるでしょと思うかもしれませんが、やってみると意外と知りたい日本語の動詞の訳がのっていなかったり、訳はのっているけど何かしっくりこないというものが出てくるはずです。なぜそういうものが出てくるのかというと、口語で使う日本語の数の方が、辞書等にのっている日本語より圧倒的に多いからです。

これは、日常的に利用している日本語の動詞に対する英語の動詞がどれなのかを、[上手くすり合わせていく] 必要性があるということです

こちらの記事も参考にしてください。

www.colombiacolom.net

英語を話すときは英語で考えるという考え方を否定しているわけではありません。それを始めのうちから実行するのはハードルが高いので、日本語の活用を模索してほしいということが書いてあります。


では、どうやって、そのすり合わせを行っていけばいいのか?

それには、

  • 1- 日本語の動詞を似た意味のものに変えてから、英語に変換してみる。
  • 2- 日本語の文全体を似た意味の文に変えてから、英語に変換してみるのです。


最初に1を行ってみて、それでも駄目なら2を行ってみてください。最初に思い浮かんだ日本語を、そのまま英語にしなければならない理由は全くありません。

重要なのは、思い浮かんだ日本語の動詞(または意味の近いもの)を、どの英語の動詞で補えばいいのか対応できるようにすることです。そのために、日本語を考える段階で柔軟に発想し対応していけるようにするのです。


でも、そうすると、ひとつの疑問が浮かぶはずです。-「そんなことしないで、英語のネイティブの方、留学経験者などの英語のわかる人に聞けばいいのでは?」と。

確かにそうすれば、解決までの時間は格段に短くすることができます。でも、それはしないで、自分で調べてそこに当てはまるものを見つけてください。自分でわからないことについて、あれこれと考えることには、時間短縮以上に大きな意味があります。新しい言語(ここでは英語)を勉強する場合、二つの言語が持っている感覚の相違点を、[自分の中でどうすり合わせ埋めていくのか] がとても重要になってきます。


自分ではない誰かが、それをできたところで何の意味もありません


[自分で、それができるのか] が重要なわけです。

わからない部分を自分で色々と考えていくことで、二つの言語間にある感覚の相違点を少しづつすり合わせていき、英語という言語がどういうものなのかを、自分の中に深く落とし込んでいくのです。そのすり合わせができればできるだけ、自分で新しい言語の何か(ここでは動詞)をコントールしていけるようになるということです

f:id:colombiacolom:20170504035557j:plain

思い出してみてください。[動詞を決めれば、文が決まる] ということを。

これは言い換えれば [動詞を決めなければ、英文を作成していけない] ということです。

つまり自ら英語の動詞についてあれこれ考えることは無駄どころか、それが英語を話す力/英文を作成する技術に深くつながっていくと考えるべきです。自分の中で動詞のすり合わせを円滑にできればできるだけ、英語の動詞を円滑に記憶から引き出せるようになっていきます。なので日本語の動詞を、どの英語の動詞に変換していけばいいのかを深く考えてみてください。わからないことを人に聞いてみるのは、自分で色々と行ってからでも遅くはありません。

自分で英語学習していく中で何度も考えて調べ、色々な方法を探り、思考錯誤していくことで、日本語に対応する英語の動詞を身につけていく。その積み重ねが [この日本語の動詞は、この英語の動詞でいいな] という思考を自身の中に作り出していくのです。

動詞で優先して覚えるできなのは [get][give] です。詳しくはこちらを読んでください。


そこまでで英語を話すための基盤を身につけつつある?

[この日本語の動詞は、この英語の動詞でいいな] と頭の中で素早く対応できるようになれば、英語の基本文の核をコントールできる状態を、身につけつつあると言うことができます。なぜなら基本文の核は、動詞を決めることで、英文の構成はほとんど完成に近い状態になっているからです。主語が拡張しない場合、動詞が決まれば、基本文の核の [主語 動詞] までは完成しています。後は [動詞に関連] をどうするかだけです。

 

動詞に関連には、その名の通り、動詞に関連したものがきます。そこに入るのは基本的に『 名詞か、形容詞 』のどちらかになります。(これは動詞に関連が拡張していない場合です)

動詞に関連の拡張についてはこちらを参考にしてください。

名詞と形容詞は、動詞ほど二つの言語をすり合わせる作業が多くありません。名詞は、大抵、単一の英単語で対応されますし、形容詞も、多くのものが動詞ほどのすり合わせを必要としません。動詞と、動詞に関連の二つの枠組みは、主と従という関係のように切っても切れない深い関係になっています。なので、名詞と形容詞は、動詞を覚える段階で、その動詞と一緒に覚えるとより効果を発揮します。この動詞を使う時は、この名詞、形容詞を使う可能性があることを英単語の中で紐づけて頭に入れておくことで、脳から記憶を引き出しやすい状態にするのです。

英語には、日本語と同じように沢山の動詞が存在しています。当然、それら全てを不自由なく使いこなせるようになるのには時間がかかります。また基本文の核([主語 動詞 動詞に関連] まで)を作成できるようになっただけで、自分が表現したいことの全てを英文にできるわけではありません。

でも基本文の核を作成するのが英文を作成する第一歩なのですから、それを構成する最も重要な動詞を使えるようにしていくことには大きな意味があります。もちろん、今日やって明日には全てができるようなるなんてことは決してありません。ただ英語の動詞を少しづつでも自分で扱えるようになれば、[基本文に的確な英単語を当てはめる] という技術を向上させていくことができます。英語を話したいなら動詞を集中して覚えていきましょう。それがあなた自身の英会話を上達させていくはずです。

 

英語上達に行き詰まりを感じているなら、英会話レッスンも1つの手かなと思います。