読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語を話すコツを考える

英会話上達のヒントを考察するブログ

英語が話せないから話せるに転換するターニングポイントはいつかというお話し

f:id:colombiacolom:20170503052944j:plain

私は、2年半に渡るバックパッカーとしての旅を終了し日本に帰ってから、職場でたまに機会があって英語を話すと、よく [どうやって英語を話せるようになったの?] と聞かれました。これに対する私の答えは、[勉強したから] という非常に単純なものでした。ほとんどの人は、簡単にこうやったからという話しを期待していたように思えますが、結構苦労して英語を話せるようになったので考えれば考えるだけ、結局そこに行きついてしまいます。

ただ、そんな私にも、英語を話せるようになるための重要なターニングポイントがありました。今回は、そのターニングポイントについてお話ししていきます。(そこから英会話上達へのヒントを探ります)


英語が上達するためのターニングポイントはいつなのか?

私は、海外に行った当初、ほんとに全く英語が話せませんでした。最初に考えていた計画はとても安易なもので、英語のネイティブと知り合い、その近くに長期滞在し、そこで英語の会話をしたり教えてもらえば自然と英語は上達するだろうというものでした。ホームステイをしたり、知り合った英語のネイティブの方の家に何度か滞在させてもらったのですが、私の英語が上達した形跡は全くありませんでした。

その時の様子はこちらからどうぞ。


そこで英語が上達しなかった理由は、主に二つあったと考えています。

1, 相手は仕事をしているし、こちらもやることがあるので話す時間があまりない
2, たまに話す機会があっても、私に全く英語の土台がないので、それを活かせない

この状況では英語は上達しないと思い、都市部へ移動してどうするのかを考えることにしました。外国に行ってわかったことは、仕事や何かツテでもないと、意外と外国の方と接する機会自体があまりないということでした。

そこで考えたのが、ラングエッジ・エクスチェンジという方法です。日本語を勉強したい外国人にこちらが日本語を教え、こちらは英語を教えてもらうというものです。無料のタウン誌みたいなもので調べて電話したら、すぐに相手が見つかりました。相手は、日本に留学経験があり日本語検定2級持ちで、日本語ペラペラのオージー。

彼は検定1級合格に向けて細かいニュアンスなど辞書を読んでもわからないことを教えてほしいということでした。この交流は、結局2回行っただけで終了しました。理由は単純で、こちらが全く英語を理解できないので、ずっと日本語で会話をすることになったからでした。相手はもっと続けたかったようですが...

私がこの頃知りたかった事は、[英語をどう勉強すればいいのか] ということでした。その解答は中々みつけられなかったわけですが、そんな私を支えていたのは、[誰かに英語を教えてもらえれば英語は話せるようになるさ~] という能天気な発想でした。その後、英会話上達に役立つ本を探したり、英会話学校にも通いましたし(一カ月)、プライベートレッスンもやってみました(一時間の授業を16回)が効果はほとんどありませんでした。

私が何より知りたかった [どうやったら英語が話せるようになるのか] ということについては、学校でもプライベートレッスンでも解答は得られませんでした。その解答が得られないから、あまり勉強に身が入らない状態のまま、[それを教えてくれる人を探さなきゃ] と安易に考えるばかりでした。この状態がどのくらい続いたかというと、なんと約一年くらいの間、ずっと続きました。そんなこんなで、旅を続け、一年もボケっとしていたアホな私に、ある転機が訪れました。

f:id:colombiacolom:20170504040251j:plain


それは、ある日、突然、このままじゃ恥ずかしくて日本に帰れないという [強烈な危機感におそわれた] のです。

ほんとに突然、そんな危機感/恐怖感に襲われたのですが、なせ恥ずかしいと感じた理由は、海外に行く前に友達に、[五ヶ国語くらい覚えて帰ってくるよ] と大口を叩いていたからだと推測しています。

私はこの瞬間を境に、誰かに教えてもらうという考えを、全てゴミ箱に捨てました。

 

[どうすれば、英語が話せるようになるのか] という解答はわからないままだけど、それはもうしょうがないと割り切ることにしたのです。

誰かに教えてもらうという考えを捨てたとき、そのとき初めて私は、[自分自身で主体的に勉強をする状態を獲得した] と言えます。

このことが [劇的に] 私の行動を変えていきました

一番は、勉強への取り組み方が劇的に変わったという点です。誰にも頼れないわけですから、自分で考えて勉強するしかありません。何をどう勉強すればいいのかは、わからないままなので、できることから手当たり次第に始めました。

最初に、思い浮かんだのは [英単語の暗記] でした。
これ以外に、良いアイデアが思い浮かばなかったというのが正直な感想です。日本から持ってきていた英単語の本を使って、ひたすら英単語を暗記、暗記、暗記、暗記....。ほんとに英単語の暗記ばかりひたすらやりました。寝る時間、トイレ、シャワー、食事以外の時間、1日、15時間くらい、4日間ぶっ続けでやりました。なんで4日間だったのかは想いだせません。単純に暇だったのがその4日だったのかもしれません。好きな作家が [手と脳による記憶中枢はつながっている] というようなことを言っていたので、ひたすら英語の単語を紙に書いて覚えて、本を見ずに覚えているかを繰りかえすという作業を、4日間延々続けてやりました。こんなに集中して勉強したのは、後にも先にもこの時だけです。


英単語の暗記により、どんな効果が得られたのか?

英単語の暗記を4日ひたすら行ったことによって、どのくらいの効果があったかというと、当時、ビザのために通っていたコロンビアの英会話学校の担任教師がイギリス人だったのですが、勉強する前は彼の会話で聞き取れる単語が、0~1個だったのが、勉強した後は聞き取れる単語が、2~4個に増えたのです。

そう聞くと、-「えっ、たったそんだけ!」と思うかもしれませんが、私には、その変化は [マジかよ~、前より断然理解できた!] という劇的な変化だったのです。

もちろん、先生の話すスピードが速くて大半はついていけないし、知らない英単語、英語表現など、理解できない事のほうが多かったのですが、それでも英語の単語を詰め込む前と後では、相手の言っていることの理解できる量に天と地ほどの開きがあったのです。その時、語彙を増やすという行為が、英語を話す力だけでなく聞く力をも向上させることを実感しました。

また、その体験は私にとってもう1つ重要な要素をもたらしました。
それは、本気で勉強すれば英語が話せるかもという期待を抱かせてくれたという点です。英語の勉強で辛いのは、自身の英語/英会話上達をなかなか実感できないという事が挙げられるでしょう。集中して英単語を増やすことで自身の英語上達を実感できます。そして、その実感は、より意欲的に英語に向き合い勉強するためのさらなる原動力になるはずです。

もし [誰かに英語を教えてもらえばいいや] と考えている人は、そういった考えは全部捨てましょう。その考えはあなたの勉強への足かせになっています。英語上達の邪魔をしているのは、誰あろう自分自身です。その足かせを取り除くことが、英語上達への第一歩になります。


集中して勉強することで気がついた事

集中して英語の勉強をするようになって気がついたことがあります。それは、英会話の実戦練習以外の部分は [全部、自分ひとりでできる] ということです。

周りに英語を使える環境がなくても、創意工夫をすることで補っていけるということです。私は長い間、周りに英語が使える環境がないと、英語は話せるようにならないだろうと思っていました。でも、私が実際に英語を話せるようになった国(コロンビア)は [スペイン語圏] です。もちろん、英語を話す機会をつくり、実践したのは事実です。ただ、それは毎日のことではありません。むしろ英語を使わない日のほうがずっと多かったです。友達との日常会話は、基本的にスペイン語なわけですし。そういった英語を使わない日にも、思考錯誤しながら英単語のストックを増やすことを中心に英語学習をしたことが、英会話上達に繋がっていきました。


今ならどうやって英語を勉強していくのか?

まず、[英単語のストックをひたすら増やします]

これが全てのスタートです。これが最も重要だという考えは今でも変わりがありません。土台がないということは話すための武器がないということです。

そして、そこに英語の基本文を組み合わせます

その当時は、[どうやったら効率的なのか] の指針を持ち合わせていなかったので、個々の単語の暗記から始めましたが、今なら英単語を覚える時に必ず [基本文] を利用します。

基本文とは、

基本文:[主語 動詞 動詞に関連 ~ (+ 接着剤 説明)]
([主語  動詞 動詞に関連] までが、基本文の核)

英文は、[主語] [動詞] [動詞に関連] [接着剤  説明] という四つの枠組みで構成され、それら四つの枠組みは、状況に応じて個々に拡張したり、複数が拡張したりします。

[主語]        ,,,, I/You/He/She/We/They/It/名詞
[動詞]        ,,,, [~する] という意味を表すもの
[動詞に関連]  ,,,, 基本、名詞/形容詞/me/you/him/her/us/them/it(正確には、動詞に関連するもの)
[接着剤 説明] ,,,, 前置詞/不定詞/動名詞/接続詞/関係代名詞/関係副詞 etc (正確には、接着剤効果のあるもの)

拡張とは、それが単独ではなく何かと一緒に利用されることで、[表現できる幅を広げていく] ことを意味しています。

基本文についての説明は、こちらに書いてあるのでどうぞ。

www.colombiacolom.net

英語において、基本文の核の配列は [絶対的なルール] です。そうであるなら、その配列を英単語のインプットに活用しないのはもったいないです。なので基本文を使い、そこに英語の単語をあてはめながらインプットを行います。


最初にインプットすべきなのは、絶対に動詞です

英語は、最初に [~が ~する/した] ということを明示する言語だからです。

そして、その覚えた動詞に付属した形で、関連した [名詞] [形容詞] を、基本文の [動詞に関連] にあてはめて覚えていきます。動詞に紐付けた形で名詞、形容詞を頭に入れることで、記憶を引き出しやすくするのです。

この時、主語は拡張させないで [I, You, He, She, We, They, It, 名詞] を利用することで、[動詞/名詞/形容詞] のストックを増やすことををまず考えてください。そうすることで、基本文の核までは完成できることを目指します。

動詞を優先すべき理由は、こちらに詳しく書いてあるので読んでください。

www.colombiacolom.net

英単語のストックを増やせば増やすだけ話すための武器がどんどん増えていきますが、残念ながら日常であまり使わない動詞を覚えてもすぐに忘れてしまうので、あなたが日常会話で使っている動詞を優先して覚えていきましょう。

また、それと平行して、最初に想い浮かべた日本語に固執しないクセをつけることで、
日本語から英語への変換速度を上げていきます。

  • 1- 意味の近い、違う日本語に変えてみる
  • 2- 否定文で表現してみる
  • 3- 表現方法自体を変えてみる。

日本語を頭の中で上手く変換していけると、英文を作るための応用力が少しずつ上がっていきます。

[集中して英単語のストックを増やす] ことと、
[英語への変換速度を上げる] ことが最初の重要なステップです。


私は、このインプットを行うときに一つ工夫をしていました。
それは、[なるべく狭く覚えていく] ということです。どういうことかというと [覚える範囲を自分で限定する] ということです。

A という単語の意味が、意味1、意味2、意味3と、3つあった場合、とりあえず最初は [意味1だけを覚える] ということです。[A = 意味1] という簡単な形で覚えることで、脳に簡単な形での意識付けをしていくということです。[意味2、3] の意味が [意味1] に近い場合のみ、インプットするのは難しくないのでセットで覚えて、使用頻度が低いと思われる使い方は、最初のうちは除外しておくのです。

当然、インプットしていないものはアウトプットできませんが、インプットしすぎてアウトプットしづらいという状況を避けることができます。

誰かに英語を教えてもらうという考えを捨てたことは、私にとって極めて重要なターニングポイントでした。ただ、ここで注意してほしいのは、誰かに教えてもらうという考えを捨てたことは、私にとって重要なターニングポイントになりましたが、それはきっかけに過ぎないということです。

重要なのは、そこから [自分で本気になって英語を勉強し続けた] ということです。英語学習をしているが、なかなか英語の上達を実感できず悩んでいる方は、一度時間を作って集中して英単語を覚えることのみ行ってみてください。そこに英会話上達へのヒントがあるはずです。

ツイッターのフォロー、はてブコメント大歓迎です。フォロー、コメントいただくと励みになりますので、ご意見、ご感想あれば気楽にどうぞ。